整体についての解説や説明、補足です。

肩こりや腰痛を予防できる腹圧について

腹圧の低下に繋がる筋肉。

腹圧の低下につながる筋肉。 腹圧を高めるために必要な筋肉は、以前書きました。 腹圧に必要な筋肉については、コチラ。 腹直筋、腹斜筋、腹横筋、骨盤底筋、横隔膜です。 つまり、それらの筋肉が弱いと腹圧は弱まります。 その筋肉の中で特に弱くなると...
肩こりや腰痛を予防できる腹圧について

腹圧の働き

腹圧が高まるとき 腹圧は以下の時に意識していなくても高めるように働いています。 ①排尿、排便、分娩時。 ②吸気時。 ③動作時。 ですが、この働きは個人差があり、弱い人もいます。 ①排尿、排便、分娩時 排尿、排便、分娩時には、腹圧を高める筋肉...
肩こりや腰痛を予防できる腹圧について

腹圧に必要な筋肉。

腹圧とは 腹圧とは、腹腔内の圧力です。 呼吸なので、立位や座位、寝ながら。 つまり、睡眠中以外はいつでもできます。 腹圧が高いと体幹の力も強くなり、疲労や歪みを抑えて肩こりや腰痛を予防できます。 腹腔 腹腔(図1水色)は、腹膜内のスペースで...
腰痛、肩こり

腰痛と股関節伸展機能低下

腰痛と股関節伸展機能低下 腰が痛くて整体に来られる人の多くは、股関節の伸展機能の低下しいます。 腰痛があるお客様に代償作用を含めた股関節伸展を行った場合でも、足と床の距離が10cm以下の方もいます。 この場合、以下のことが考えられます。 ・...
解説・説明・補足

運動したいけど出来ない理由。

やった方がいいと思っても行動できないことがあります。 子供のしつけで、子供に 「早く宿題しなさい!」 という割には、本人もできないことがほとんどです。 変化を不安視。 脳が最も優先させていることは、生命の維持です。 本能の働きで、意識的に変...
解説・説明・補足

動き方で筋肉への負荷は異なる。

関節動作と筋肉の負荷 筋肉の働き方は、関節を ①曲げる。②伸ばす。③固定する。 という3つの働きがあり、さらに捻りも加わる事もあります。 例 例えば、何か荷物を持ってそれを動かす時に、腰の筋肉(背屈筋)を収縮させて荷物を持ち上げ、固定し、下...
腰痛、肩こり

劣化筋肉の確認方法

劣化筋肉の確認方法 劣化筋肉の確認方法は、筋肉を押圧するだけで確認できます。 劣化していない筋肉は、強く押さない限り押しても痛くないものです。 ですが、筋肉が劣化していると押圧で痛みます。 このような症状は、栄養を摂り安静を続けていれば症状...
解説・説明・補足

ネット関連(うるまカイロ)

SNS一覧 「うるまカイロ」及び「まっこう」のインターネット媒体一覧。 ※SNSとは、「Social networking service」の略。 LINE 公式LINE →コチラ。 YOUTUBE youtube(整体関連)→コチラ。 ブ...
解説・説明・補足

新型コロナ5類以降後の衛生管理。

これまで当院を利用されたことがある方、これから当院を利用される方々へ 5類以降になってからは、国の統計は終了しました。 ですが、来院された医療関係者の話を聞くと新型コロナは収束しておらず、個々の病院や施設では感染者は増えているという話を頻繁...
腰痛、肩こり

「ピキッ」ときた痛み。

「ピキっ」ときた痛み。 例えば、日常生活で右側にあるテレビのリモコンを手に取ろうとしただけで頸や腰に「ピキッ」と強めの痛みが走ることが稀にあります。 姿勢を変える等、ちょっとした動きで筋肉が伸ばされ発生します。 若い人や肩こりや腰痛がない人...
タイトルとURLをコピーしました