疾患

疾患

腰や脚に痛みがでる疾患。

腰や脚に痛みがでる疾患 腰や脚に痛みがでる原因は、腰の筋肉や座骨神経の通り路にある筋肉が硬くなる事だけではありません。 以下の疾患でも似たような症状がでることがあります。 整体を受けて腰痛や座骨神経痛が良くならない場合は、その病気が隠れてい...
sportsshougai

疲労蓄積からの怪我

疲労蓄積からの怪我。 小さな疲労の蓄積でも、大怪我になる事もあります。 疲労の蓄積で徐々に組織に傷が入り、ちょっとした動きで大怪我。 それは、古くなり劣化した輪ゴムや傷のついた輪ゴムと似ています。 図2:普通の輪ゴム 図3:変色した古い輪ゴ...
腰痛、肩こり

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症。 脊柱管内が狭まる事で起こる痛みやシビレは、脊柱管内が狭くなりすぎて圧迫が強くなると整体を行っての改善は非常に難しくなります。 整体を受けても、骨の変形や靭帯の厚肥はなくならないからです。 脊柱管狭窄症は、脊柱管内の骨の変形や...
腰痛、肩こり

外傷後、傷は治っているはずなのに痛い。

傷は治っているはずなのに痛い。 修復期間が過ぎて治っているはずなのに痛みが消えない。 それは、傷が修復していても患部や患部周囲の筋肉の硬さが元に戻っていない事と痛みに対して過敏になっている場合があります。 筋肉の柔軟性が戻っていない。 患部...
腰痛、肩こり

側弯症の原因。

側弯が生じる原因。 背骨の側弯が生じる理由には、いくつかの要因があります。 ・先天性の体質により生じるもの。・体の使い方から生じる場合。・外傷によるもの。 これらによって生じ、基本的に代償作用によって側弯症は創られています。 代償作用 人は...
腰痛、肩こり

筋バランス不良からの故障

筋バランス不良からの3つの障害リスク ①動筋と拮抗筋②共同筋③固定筋と動筋 ①動筋と拮抗筋の動作不良やリスク 関節を動かすには、筋肉が働く必要があります。 その関節を曲げたり伸ばしたりする為に筋肉は、主導筋と拮抗筋に分けられます。 例えば、...
腰痛、肩こり

椎間板損傷

体内の水分は、加齢により減少し、それに伴い椎間板の水分も減少し椎間板損傷やヘルニアのリスクが高くなります。椎間板の損傷は、日常生活で上半身の重みによる椎間板への圧力と前屈や後屈、体をひねる動作でさらに負荷が加わります。
腰痛、肩こり

骨格の歪みは関節を壊す

骨格の歪みは、背骨と骨盤と後頭骨、それに足、膝、股関節のズレにより起こります。このズレを起こす要因には、骨の変形、筋バランス、筋肉のコリがあり、筋肉のコリは姿勢不良以外にもこれらのズレを補正する働きでさらに筋疲労を起こし、関節に圧迫を加えています。
腰痛、肩こり

神経圧迫で怖いこと

神経圧迫による症状 神経を圧迫する病気には、脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアなどがあり、怖いイメージがあります。 ですが、神経が圧迫を受けても必ずず症状がでる訳ではありません。 ただし、その神経の向かう先が内臓であった場合、痛みは感じないけど何か...
タイトルとURLをコピーしました