urumachiro

未分類

椎間板損傷によるギックリ腰

今回は椎間板損傷によるギックリ腰を書いていきます。 ギックリ腰になる原因は、以下のものがあります。 ・筋肉の損傷。・椎間板の損傷。・抹消神経の損傷。・圧迫骨折や剥離骨折。 これまで、ギックリ腰についての記事は、以下の2つを書きましたので、こ...
腰痛、肩こり

肉離れが原因のギックリ腰への整体。

「ギックリ腰が良くならない人は、どんな理由?」を前回しました。 ギックリ腰になる原因はいくつかあります。 ・筋肉の損傷。・椎間板の損傷。・抹消神経の損傷。・圧迫骨折や剥離骨折。 今回は「筋肉の損傷によるギックリ腰」について説明します。 個人...
未分類

椎間板とは

椎間板とは 椎間板とは、椎骨(背骨の骨)と椎骨の間にあります。(図1参照) 図1:椎間板と椎骨 主な役割は、緩衝材としてクッションの役割があります。 椎骨は、頚椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)あり、それぞれの間に椎間板はあります。 ...
未分類

腰椎椎間板ヘルニアの生成。

腰椎椎間板ヘルニアの生成。 腰椎椎間板ヘルニアの生成は、腰の前弯が減少する姿勢を繰り返す事で作られることがあります。 要は、腰を後に曲げる猫背(下図中央と右図)が原因。 その猫背姿勢が一時的であれば椎間板の変性には影響しません。 ですが、そ...
きじポ~新聞

53:きじポ~新聞 主:行動させる「ペップトーク」

主な記事: 〇行動させる「ペップトーク」〇今可粘磨 きじポ~新聞53一部抜粋。 さて今回もうちの3歳児を行動させる為に読んだ「ペップトーク」 について書きます。 ペップトークは、人を励ます時に使われる会話の技法で、主にスポーツの現場で活用さ...
未分類

防御性収縮とは

防御性収縮とは 防御性収縮とは、過去に強い痛みを経験し、その際に痛みが強くなった動作に不安になり、その動きを止めようと無意識で行ってしまう筋肉の反応(収縮)です。 手術後の痛みによる反応として現れることが多いようです。 ですが、手術に限らず...
腹圧

腹圧の低下に繋がる筋肉。

腹圧の低下につながる筋肉。 腹圧を高めるために必要な筋肉は、以前書きました。 腹圧に必要な筋肉については、コチラ。 腹直筋、腹斜筋、腹横筋、骨盤底筋、横隔膜です。 つまり、それらの筋肉が弱いと腹圧は弱まります。 その筋肉の中で特に弱くなると...
腹圧

腹圧の働き

腹圧が高まるとき 腹圧は以下の時に意識していなくても高めるように働いています。 ①排尿、排便、分娩時。 ②吸気時。 ③動作時。 ですが、この働きは個人差があり、弱い人もいます。 ①排尿、排便、分娩時 排尿、排便、分娩時には、腹圧を高める筋肉...
腹圧

腹圧に必要な筋肉。

腹圧とは 腹圧とは、腹腔内の圧力です。 呼吸なので、立位や座位、寝ながら。 つまり、睡眠中以外はいつでもできます。 腹圧が高いと体幹の力も強くなり、疲労や歪みを抑えて肩こりや腰痛を予防できます。 腹腔 腹腔(図1水色)は、腹膜内のスペースで...
未分類

病気による関連痛

はじめに 参考資料によっては、痛みを発する部位が異なるものがあります。 また、これらの痛みがでなくても病は進行していることもあります。 整体では、このような病気の診断はできません。 定期的な健康診断の受診を薦めます。 また、急速に進行する病...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました